MENU

高照度光療法器具おすすめ7選!選び方から注意点までまとめ!

「高照度光療法器具のおすすめ商品はある?」

「高照度光療法って効果があるのだろうか」

「高照度光療法器具の注意点は?」

といった疑問はありませんか?

本記事では「高照度光療法器具」の口コミや評判をまとめて紹介しています。

高照度光療法器具の詳細を知りたい方、夜勤があって睡眠習慣が乱れているなど睡眠に関して悩みのある方はぜひ目を通してみてください。

目次

高照度光療法器具おすすめ7選

最初に高照度光療法器具でおすすめの商品を7選紹介していきます。高照度光療法が気になっている人は参考にしてください。

1.ブライトライトME+

 

商品名 ブライトライトME+
価格 42,800円
サイズ 幅33×高さ53.5×奥行き13.5cm
照度 30cmで10000ルクス
機能 時計・タイマー
特徴 ・30cmで10000ルクスの最高照度

・自然光に近い光

・目に負担をかけない低輝度

ブライトライトMEプラスは、30cm離れても10000ルクスの照度が保てる高照度光療法機器です

輝度が高すぎると目に刺激を与え、眩しさを感じて疲れやすくなります。ブライトライトME+は発光面を広くして光を拡散するカバーをつけることで、高照度ながら低輝度を実現したモデルです。

最近の研究によると、10000ルクス以上では白色の方が青色よりも体内時計を整える効果が高いと言われています。そのためブライトライトME+は、自律神経に疲労を感じさせる青色は抑え、自然光になるべく近いさまざまな色合いを含んだ白色光を使用しています。

ブライトライトME+の口コミ

2.トトノエライトプレーン

商品名 トトノエライトプレーン
価格 17,800円
サイズ 幅20×高さ28.2cm×奥行き12.5cm
照度 最大20000ルクス
機能 時計・目覚まし機能・日の入り機能・タイマー
特徴 ・最大20000ルクスで30cm2500ルクス

・紫外線ほぼ0

・目覚まし機能あり

トトノエライトプレーンは起立性調節障害改善協会が推奨する光目覚ましです。タイマー付きで設定時間になるとライトが点灯し、自然な目覚めを促します。

アラームも鳴るので、光だけで起きられるか心配な人も安心です。また、光が徐々に暗くなっていく日の入り機能もあり、入眠時にも使えます。

最大20000ルクスの照度で、30cm離れた場所でも2500ルクスの明るさがあります。高機能LEDを利用しているため、太陽と同等の明るさがありながら、疲労を感じさせる紫外線をほとんど含んでいない目に優しい光です。

トトノエライトプレーンの口コミ

3.JUXLamp

商品名 JUXLamp
価格 6,580円
サイズ 幅15.8×縦7.5×奥行き1.6cm
照度 最大12000ルクス
機能 時計・日の出機能・日の入り機能・タイマー
特徴 ・タイマーと自然音をセット可能

・明るさ40段階調節

・おしゃれなフラットデザイン

光が徐々に明るくなる日の出モードと徐々に暗くなる日の入りモードを搭載しています。どちらのモードにも、12種類の自然音から好みの音を選んで組み合わせ可能です。

明るさは40段階で微調整でき、色温度もウォームホワイト・クールホワイト・混合ホワイトの3種類から選択できるので、好みの明るさや色で自然な目覚めや入眠を迎えられます。

フラットデザインで持ち運びやすく、自宅だけでなくオフィスで使用したり、時差ボケ対策として出張先に持って行ったりとさまざまな場面で活躍します。

JUXLampの口コミ

使い出してから、寝起きが良くなりました。

私は起床時間の2時間前にセットしています。

起床時間の少し前に、ゆっくり目が覚め始めて、よし起きよっかな!という気持ちで起きられます。

音だけで起きてた時より、かなり楽になりました。

引用:Amazon

4.JUXLamp New-Nature-01

商品名 JUXLamp New-Nature-01
価格 24,990円
サイズ 幅27×高さ43×奥行き4.1cm
照度 最大10000ルクス
機能 時計・日の出機能・日の入り機能・タイマー
特徴 ・25cmの距離で最大10000ルクス

・タイマーと自然音をセット可能

・スタンドも壁掛けもOK

25cm離れた場所でも最大10000ルクスの照度で、正午の太陽と同じくらいの明るさがあります。日の出・日の入り機能があり、多機能に使えるライトです。

自然環境音も搭載されており、光とともに音でも起きられるので、光だけで起きられるか心配しないですみます。明るさも40段階で調整でき、一度設定したタイマーや明るさは自動的に保存され、リセットしない限り繰り返しそのまま使用可能です。

メタルスタンドが付属しており、置いても使えますし、付属のフックを使えば壁に掛けられるので置く場所を選びません。

JUXLamp New-Nature-01の口コミ

光を浴びるだけですっきりしないときも頭がシャキっとします。

紫外線を気にすることなく日光浴ができるのでとてもいいですね。

冬場や曇りの日も生体リズムが崩れにくくなることで体調管理にも役に立ちそうです。

引用:Amazon

5.sad light

商品名 sad light
価格 990円
サイズ 幅10×高さ8×奥行き10cm
照度 最大12000ルクス
機能 タイマー
特徴 ・片頭痛を改善する緑の光

・30分タイマーあり

・ナイトライトや授乳ライトとしても使用可能

目への刺激が少なく片頭痛を改善する効果があると言われるグリーンの光が特徴のセラピーライトです。ライトの上部をくるくると回すと色が変化し、白い光にもなります。

最大12000ルクスあり、明るさも好みで調節できるのでセラピーライトとしてはもちろん、常夜灯や授乳ライト、ルームライトなど、さまざまな用途で使用可能です。

30分のタイマー機能があり、30分後に自動的にライトが消えるので眠る前にベッドサイドにつけておいても安心です。

sad lightの口コミ

サイズとしてはそこまで大きくなく、ベッドサイドに置いてもまあ少し邪魔、くらいのレベル。

ボタンで発光、上の部分を指でクルクルすると色が緑と白に無段階で変わります。

白色の光でもブルーライトが無いようなので夜中に使っても目が覚めてしまうような事は無いそうです。

色々書けない事が多そうな商品ですが、緑のライトにはリラックスや偏頭痛の改善効果があるみたいなので、このお値段なら試してみてもいいかも。

引用:Amazon

6.UVフリー太陽光ランプ

商品名 UVフリー太陽光ランプ
価格 1,741円
サイズ 幅14.5×高さ17.5×奥行き1cm
照度 最大10000ルクス
機能 タイマー
特徴 ・3つの色温度と10段階の明るさ

・タイマー4種類

・超薄型のタブレット型

超薄型のタブレット型のライトです。重さも約350gと軽量で持ち歩きやすく、自宅でもオフィスでも活躍します

スタンド一体型で、スタンド部分を出して立てかけるだけで簡単に設置可能です。薄型で場所を取らないので置く場所に困りません。

3種類の色温度と10段階の明るさが搭載されており、15・30・45・60分のタイマーと組み合わせて好みの色や明るさで使えます。表面の下の部分にタッチボタンが3つあるだけなので操作も簡単です。

UVフリー太陽光ランプの口コミ

薄くて軽いので持ち歩いてオフィスでも使っています。明るさもばっちりです。

7.ライトセラピーライト

商品名 ライトセラピーライト
価格 6,060円
サイズ 幅24×高さ28×奥行き6.6cm
照度 10000~15000ルクス
機能 タイマー
特徴 ・ユニークな凸型デザイン

・リモコンで操作可能

・4種類のカラーを搭載

表面に施されたユニークなデザインが目を引きます。リモコンでタイマーの設定や明るさの調整、色の選択ができるので、ライトから少し離れていてもいちいちそばに行かずに操作可能です

色の種類も白系暖色系3種類に加えて、頭痛に効果があると言われている緑色も搭載されているので、頭痛持ちの人にもおすすめします。目を疲れさせるブルーライトをなくしており、国際眼ケアRG0基准に適合しているので、読書や勉強の際にも活躍します。

ライトセラピーライトの口コミ

初めて購入した光療法ライトなので比較は出来ませんが、とても満足してます。白色、暖色など4種の光と、明かりの調整も細かく出来て、リモコンも使いやすく、重宝して、毎日大活躍してくれています。丸いフォルムと真ん中の太陽のデザインも温かみがあって、とても気に入っています。購入して良かったです。

引用:Amazon

高照度光療法器具とは

高照度光療法器具は、光療法を行うための器具です。光療法は光による目からの刺激で乱れてしまった体内時計をリセットする治療法を指します。

通常朝日でリセットされますが、生活習慣の乱れなどによって日中の活動時間が少なくなると睡眠障害が起きます。

それを光療法器具を使って光刺激を与えて体内時計をリセットさせ、睡眠障害を改善するのです。冬季うつ病や時差ボケ対策などの目的で使用されます。

参考:一般社団法人 起立性調節障害改善協会

高照度光療法器具の価格相場

高照度光療法器具の価格は1,000円未満から5万円近いものまでさまざまです。

Amazonや楽天などのECサイトを見ても、安いものでは数百円~高いものは5万円くらいまでが揃っています。

安いからだめというわけではありませんが、選ぶ際は必ず最低でも2500ルクス、できれば10000ルクスの照度のものを選びましょう

高照度光療法器具の選び方

では、高照度光療法器具の選び方を説明していきます。ポイントを抑えて自分に合ったものを見つけてください。

2500ルクス以上が目安

体内時計をリセットするには最低でも2500ルクスが必要と言われています。光療法では、ただ目に光が当たるだけでは足りません。目から入った光が網膜に届き、脳の視床下部に刺激を与える必要があります。

そのためには最低でも2500ルクス以上の照度が必要なのです。ただし、2500ルクスでは1~2時間光を浴びなければなりません。そのため医療現場では5000~10000ルクスを用いるのが一般的です。

従って高照度光療法器具を選ぶときは、30cmはなれても10000ルクス保てるかを目安にするとよいでしょう。ただし、距離を記載している商品は少ないので、照度10000ルクスを基準とするとよさそうです。

目に優しい工夫がされている

輝度を下げたり紫外線をカットするなど、目に優しい光にするための工夫がされているかを確認しましょう。高照度のライトをそのまま使うとかなり眩しいです。

照度が高いと目への刺激が強く、眩しすぎたり疲れやすくなります。そこで発光面積を広くしたりカバーを掛けたりなどして輝度を下げているかチェックしましょう。

また、紫外線が目から入ると疲労物質が放出されます。紫外線は日焼けやしみ・しわなどの原因にもなるため、紫外線をなるべく含まないライトのものを選びましょう。

プラス機能もチェック

せっかく高照度光療法器具を購入するなら、目覚まし時計や常夜灯などとして使えると便利です。+α機能があるかもチェックするとよいでしょう。

光目覚まし時計として使うなら、タイマー機能が必要です。光だけで起きる自信がない人は、光とともにアラームが鳴るタイプを選ぶとよいでしょう。

中には目覚まし時計としてだけでなく、光が徐々に暗くなる日の入りモードを搭載しているものもあります。

入眠時も使いたいなら日の入りモードがあるかも確認するとよいですね。明るさを調節できるものなら、光療法だけでなく、ベッドサイドランプや授乳ライトなどとしても使えるので、さまざまな場面で活躍しますよ。

高照度光療法器具を使用する際の注意点

高照度光療法器具を使う際は下記のようなことに注意してください。

  • 体に当てるのではなく目から光が入るようにする
  • 直接光を見つめない
  • 10000ルクスで20~30分光を浴びる

参考:ブライトライト専門店
一般社団法人 起立性調節障害改善協会

光は目から入る必要があります。そのため高照度光療法器具は正面または正面から45度以内に置きましょう。真横などに置くと、体に光が当たっても目からは入らないので効果が期待できません。

とは言え、光を直接見つめると目に刺激が強く、疲れてしまいます。光を直視せずに視線は少しそらしましょう。視界に光を感じられればOKです。

また、治療のためには30cmで10000ルクスの明るさでも、毎日20~30分光を浴びる必要があります。朝食を取ったり読書したりしながら浴びるなど工夫をするか、毎日まとまった時間を作るのが難しいなら医療機関の利用を検討するとよいでしょう。

高照度光療法器具おすすめ7選まとめ

本記事ではおすすめの高照度光療法器具を7選紹介し、併せて高照度光療法器具の選び方や使う際の注意点を解説してきました。

夜勤や時差ボケなどで体内時計が乱れてしまっている人や、冬季うつの人はこの記事を参考に高照度光療法器具を試してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

睡眠をテーマにした情報発信メディア「睡眠ポッド」編集部です。
元不眠症の体験を生かし、良質な睡眠を得るためにおすすめの商品や口コミをまとめています。

目次